当前位置:首页> 日语资讯> 日语学习

学习日语去哪里----日语美文阅读(文学篇):百人一首/源氏

发布时间:2017-10-24  来源:  浏览:887

『源氏物語』が書かれ始めるわずか前の1000年前後、清少納言によって、新しい文学形式である随筆『枕草子』が書かれた。紫式部が宮廷生活を写実的に描いたのに対して、清少納言は心に感じたことを豊かな感受性で描いている。簡潔で独創的な鋭い文体は批評的であり、時には哲学的でさえある。

大约在1000年,即《源氏物语》动笔前不久,清少纳言以一种新的文学形式——随笔,创作了《枕草子》。紫式部以写实的手法描写了宫廷生活,而清少纳言则以细腻的感受力描述了自己的内心世界。她独创的这种文体精炼,锐利,很具有批判精神,有些地方甚至极富哲理。

 

源氏物語

源氏物語

作者は紫式部、物語は54巻からなっている。物語は光源氏の誕生、愛の遍歴、出家を願う姿、死、主人公の死後残された人々の世界が、雄大な構想の中に語られている。世界最古の長編小説としても名高く、陰影に富んだ美しい文体、、巧みに配された和歌、そして人物の性格や心理描写など、『源氏物語』は中世から近代の作家に大きな影響を与えてきた。

此书作者是紫式部。全书共分54章。作品通过庞大的构思,描绘了光源氏的诞生、恋爱经历、决心出家、死亡,以及主人公死后其他有关人物的生活。《源氏物語》作为世界最早的长篇小说而著称于世。它那含蓄的文体,巧妙插写的和歌,以及对人物性格、心理的描写,都给中世纪乃至现代作家以很大影响。



学习日语去哪里----日语美文阅读(文学篇):百人一首/源氏物语