当前位置:首页> 日语资讯> 日语文化

常州日语学习---日语美文阅读(文学篇):有岛武郎/谷崎润一

发布时间:2017-10-24  来源:  浏览:904

有島武郎(1878-1923年)東京生まれ。10歳で学習院予備科に入学。19歳で学習院中東全科を卒。その後札幌農学校キリスと教に感化された。卒業して軍隊生活を送った後、渡米。帰国後はふたたび予備見習士官や大学の英語講師として過ごしていたが、志賀直哉らと出会い同人誌『白樺』に参加。文学者としての活動を開始し、白樺派の中心人物の一人として小説や評論で活躍した。

有岛武郎(1878~1923年)生于东京。10岁进入学习院预备科学习。19岁毕业于学习院中东全科。之后在札幌农学院接受基督教感化。毕业以后服军役,然后赴美。回国后,再次做了预备见习士官和大学的英语讲师,与志贺直哉等相识,参加了《白桦》杂志。开始了文学活动,作为白桦派中心人物在小说和评论方面十分活跃。

 

谷崎潤一郎

谷崎润一郎

処女作は『誕生』。耽美でき作品『刺青』が永井荷風に激賞され(三田文学)注目を受ける。以後耽美的作風で長短様々な小説をてがける。映画監督など新規の芸術にも興味を示す。関東大震災後は古典的な文体、題材で小説を書く。戦争のため中断していた『細雪』を終戦後に発表。同作により毎日出版文化賞、朝日文化賞を授与される。

处女作为《诞生》。其唯美作品《纹身》得到永井荷风的大加赞赏,由此受到关注。此后创作了各种长短篇的唯美小说。对电影导演等新型艺术也表现出兴趣。关东大地震以后,开始以古典的文体创作小说。由于战争而中断的《细雪》,战后获得发表。凭借该作品获得每日出版文化奖以及朝日文化奖。

 

谷崎潤一郎と『春琴抄』

谷崎润一郎と《春琴抄》

『春琴抄』に描かれた春琴と佐助の物語は、美しくまねできないほど完全な愛の姿を私たちに見せる。

美しい盲目のことの師、と奉公人、佐助の愛。春琴37歳のある夜、何者かが彼女の顔に熱湯を注いだ。佐助は醜い顔を見られることを恐れた春琴の気持ちを察して、自分の両眼を針で突いて悲しみに応じた。谷崎潤一郎(1866-1965)の代表作は『細雪』、『痴人の愛』、『卍』である。

《春琴抄》中所描写的春琴与佐助的故事,是极其完美、无法模仿的。

美丽的盲人琴师春琴与学徒佐助相亲相爱。但在春琴37岁时的一个晚上,有人往她面部浇了开水。佐助觉察出春琴唯恐自己看到她丑陋面容的不安心情,便用针把自己的双眼扎瞎,以安抚春琴那颗悲哀的心。谷崎润一郎的代表作有《细雪》、《痴人之爱》、《卍》等。