当前位置:首页> 日语资讯> 日语文化

常州日本文化---日语美文阅读(文学篇):太宰治/三岛由纪夫

发布时间:2017-10-24  来源:  浏览:888

太宰治(1909-1948年)青森県生まれの作家。5回の自殺未遂や小説のデカダン的とも言える作風のためか、真に迫った作風を好む作家として捉えられているが、実際はユーモアの溢れるものも残している。「無頼派」または「新戯作派」の一人に数えられる太宰は、頽廃的な作風を好んだ、と一般に言われている。しかしながら、太宰自身は頽廃的な作品を書きながらも、同世代の作家の中で最も「神を求めた人」であった、とする研究・評論も多くある。

太宰治(1909~1948年),作家,生于青森县。可能由于5次自杀未遂以及颓废主义的作风,被认为是喜好逼真作风的作家,但实际上他也创作过洋溢幽默气息的作品。被列为“无赖派”以及“新剧作派”的太宰治,一般被认为喜爱颓废的作风。但是有许多研究、评论认为太宰治虽然创作过颓废的作品,但却是同时代作家中最“救助于神灵”的人。

 

三島由紀夫

三岛由纪夫

三島由紀夫(1925-1970年)は、作家、劇作家。本名は平岡公威。東京市四谷区生まれ。学習院初等科から中等科および高等科を経て東京帝国大学法学部卒。卒業後、大蔵省国民貯蓄課に入省したが、9ヶ月で退職、作家として独立した。代表作は『仮面の告白』、『金閣寺』、『潮騒』、『豊饒の海』。戯曲に『近代能楽集』などがある。唯美的な作風で知られる。

三岛由纪夫(1925~1970年)作家、戏剧家。原名平冈公威。生于东京市四谷区。从学习院初等科到中等科,经过高等科,最后毕业于东京帝国大学法学部。毕业后,就职于大藏省国民储蓄课,9个月后退职,成为独立作家。代表作有《假面的告白》、《金阁寺》、《潮骚》、《丰饶的海》等。戏曲有《近代能乐集》等。以唯美作风而闻名。

 

大江健三郎

大江健三郎

大江健三郎(1935-)作家、小説家。

東京大学仏文科卒。在学中の1957年、小説『

奇妙

な仕事』で「東大新聞」五月祭賞に

入選

。障害を持つ長男の誕生を主題として書かれた『個人的な体験』のほか、『万延元年のフットボール』『洪水はわが魂に及び』『同時代ゲーム』などが代表作。評論に『ヒロシマ・ノート』『沖縄ノート』など。1994年10月13日、川端康成に続く、日本人で2人目となるノーベル文学賞を受賞。受賞時の記念講演の題目は『あいまいな日本の私』。

大江健三郎(1935—)作家、小说家。

毕业于东京大学法文科。上学期间,在1957年以小说《奇妙的工作》入选《东大新闻》五月节奖。除了以一个天生残疾的长子出生为主题的《个人的体验》,还有《万延元年的足球队》《洪水淹没我的灵魂》《同时代的游戏》等代表作。评论有《广岛纪事》、《冲绳纪事》等。1994年10月13日继川端康成以后,成为第二位获得诺贝尔文学奖的日本人。获奖时发表的讲演的题目是《暖昧的日本的我》。


常州日本文化---日语美文阅读(文学篇):太宰治/三岛由纪夫